タイランドなび|タイの観光情報・バンコク

タイの観光情報
【バンコク情報】


 
 
 
 
バンコク 
 
 
 
 


 
 
 

王宮 (Grand Palace)バンコク観光情報

王宮は、現在のラッタナーコシン王朝を開いたラマ1世によって建設されました。白壁に囲まれた20万m2の敷地内には、歴代の王により建てられたきらびやかな宮殿群が建ち並びます。当時の芸術の粋を尽くして建造された建物や 調度品には、金や宝石が散りばめられ、権力と財力の象徴であったことがわかります。前国王ラマ8世まではこの王宮に住んでいたが、 現在は、国家的儀式や祭典の場、迎賓館として利用されています。

【拝観時間】8:30〜15:30 無休
(※国内行事により閉館の場合有)
【料金】300B エメラルド寺院と共通チケット
【URL】  http://www.palaces.thai.net/

 

ワット・プラケオ(エメラルド寺院) (Wat Prakeo)バンコク観光情報

ワット・プラケオ(エメラルド寺院)は、タイで最高の地位と格式を誇る仏教寺院であり、王室の守護寺です。王室専用であり、タイで唯一僧侶のいない寺院です。ヒ ンドウー教の神話をアレンジしたラーマキエン物語の描かれた本堂には、高さ66cmのエメラルド色の仏像(ひすい製)を祀ってあることから、別名「エメラルド寺院」と呼ばれています。

【拝観時間】8:30〜15:30 無休
(※国内行事により閉館の場合有)
【料金】300B エメラルド寺院と共通チケット
【URL】  http://www.palaces.thai.net/

 

ワット・アルン(暁の寺) (Wat Arun)バンコク観光情報

ワット・アルン(暁の寺)は、チャオプラヤー川のほとりに立つ巨大な仏塔で有名な寺院。もともとアユタヤ朝時代に建てられた寺院で、その後トンブリ朝のタクシン王の命で王家の寺院として再建された。現在の形になったのは、今世紀初頭、ラマ5世の時代。大仏塔へは途中まで急な階段で登れます。日本では、三島由紀夫の小説・豊饒の海第3巻「暁の寺」のモチーフにもなった寺院としても有名です。陶器の破片に覆われた高さ79mの大仏塔が朝日を浴びきらきらと輝く姿や、夕日を背に浮かび上がるシルエットも素敵ですね。

【拝観時間】7:30〜17:30 無休
(※国内行事により閉館の場合有)
【料金】50B
【URL】  http://www.watarun.org
/

 

ワット・ポー(涅槃仏寺院) (Wat Pho)バンコク観光情報

ワット・ポー(涅槃仏寺院)は、「リクライニング・ブッタ」と呼ばれる全長46mもある、光り輝く釈迦仏が、穏やかな姿で横たわっています。涅槃仏表情だけではなく、足の裏にも注目したい。大きな足の裏には真珠母貝を使った螺鈿細工が施されています。ここは、バンコク一大きな境内をもつ寺院です。また、伝統的タイ式マッサージの総本山になっています。

【拝観時間】9:00〜17:00 無休
【料金】50B
【URL】  http://www.watpho.com/

 

ゴルフツアー・バンコク観光情報

タイはゴルフ天国とも言われており、バンコク近郊だけでかなりの数のゴルフ場があります。手軽なゴルフ場はバンコク市内より30分ほどで、一年を通してプレイでき、緑豊かな広いコースで思い切りゴルフが楽しめます。

詳しくはバンコクのゴルフページまで!
 
 

パッポン通り・バンコク観光情報(ナイトスポット)

パッポン通りは、言わずと知れた歓楽街。昼間は何も無い通りだが、夕方ともなると屋台が出始める。19時にもなると、立派な屋台街ができあがります。土産物、衣類、装飾品等が所狭しと、並んでいて、一晩中いても飽きない場所。一度は行ってみたい。

 

ナイトバザール・バンコク観光情報(ナイトスポット)

名前の通り、夜7時ぐらいから活気が出でくるナイトバザール。  
店舗数は約4000店 タイの民芸品、アンチィーク家具、衣類品、バザールの中にはレストラン、オープンカフェなどもあり、ゆっくり見て回れます。お土産、掘り出し物?探しにはもってこいの場所

日本で有名になった「ノニ石鹸」を売ってる薬局もありますよ!

 

プラトゥーナーム市場パッポン通り・バンコク観光情報

バイヨークタワーのすぐ近くある衣料品店専門のプラトゥーナーム市場。網目状の路地に無数にひしめきあう店の数々・・・。熱気に包まれたプラトゥーナームで買い物を楽しんでみましょう!問屋街(小売なし)と一般の人が普通に買い物できるエリアがあって市場 は常に賑わっています。日本から買い付けに来られいる人もいますよ。

 

マーブンクロンセンター(MBK)・バンコク観光情報(サイトスポット)

バンコクの中心地、サイアムスクエアに隣接したところに、マーブンクロンセンター(MBK)と呼ばれるショッピングモールがあります。MBKは携帯電話の小さなショップがたくさんあることで有名です。東急デパート、ホテルが併設されていて、立地条件最高です。また、学生さんも大変多く、華やかで東京で言えば、渋谷のような雰囲気がありますね。

 

パンティップ・プラザ・バンコク観光情報(サイトスポット)

「バンコクの秋葉原」
プラトゥーナーム市場の近くにある電脳ビル。在タイ日本人の間では、バンコクの秋葉原と呼ばれています。.ビル全体がITモール!ココでなんでも揃います。小さい店舗から大きい店舗までいろいろです。到底い1日では回りきれません。バンコクのITをお楽しみいただけます。

 

カオサン通り・バンコク観光情報(サイトスポット)

タイ人の若者から世界中の人はココを目指してやってきます。世界のバックパッカーが情報交換の拠点にしていることでも有名。カオサンの特徴は国籍を超えた交流ができ、日本にいては出来ない経験が出来ます!格安ゲストハウス、格安でおいしい料理が堪能できますよ。ただし、貴重品の管理などには気をつけましょうね。

   
   
 

 
 
  著作権タイランドなび